不動産投資をしよう!マンション経営で資金形成

長期的な利益が大きいマンション経営

不動産投資の方法としてマンション経営は長期的に見ると大きな利益を生むことができるのがメリットです。高額のマンションをローンで購入して、家賃を回収しながらローンを返済していくというのが基本的な流れになります。最初に大きな負債を負うことになりますが、それを完済してしまうことによってマンションそのものを自己資産にすることができるでしょう。そうなると家賃収入は全て懐に入るようになるだけでなく、大きな資金が必要になったときにはマンションを売ることで調達できるようになります。十年から三十年程度のローンを組むことが多いため、長期的な努力が必要なのがマンション経営ですが、それに見合った形で大きな資産形成を行うことが可能です。

節税対策になるマンション経営

マンション経営はうまく行うと節税対策にもできる点から資産形成につながります。マンションを購入してからはマンションそのものや設備備品などについては経年劣化していくでしょう。それを現金支出のない出費として税制上は取り扱うことが可能です。減価償却費と呼ばれるものであり、毎年不動産所得から必要経費として引くことができます。給与所得がある人は不動産所得は損益通算することができるため、うまく不動産所得の減価償却費を使って赤字にすると所得税を軽減することができるでしょう。ローンの利子や管理費なども必要経費に含まれるので、合わせてあえて大きくすることにより所得税の節税につなげられます。このような考え方でマンション経営をするのも賢いと言えるでしょう。

トラストインベストメントは委託された資産を運用してくれる会社になります。効率よく資産を増やしていくことを期待することができます。