部屋探しにオール電化を条件にすると良いの!?安全性と経済性が高い

オール電化なら安全性が高い

賃貸で部屋探しをする際は、家賃だけでなく日々の安全性まで含めた豊かな暮らしを考えると良いでしょう。高層マンションを中心として、オール電化が進んでいる状況があります。家庭内で火を使った調理を行うよりも、IH機器を使うことで高齢者でも安全に調理が可能です。給湯器にガスを使うと、安全性が高いと言われている中でも、高層マンションでは5階以上のフロアは以前からガスの使用が禁止されている所が多い状況です。電気ならば完璧に安全というわけではなく、老年のリスクは必ず存在しますが、炎が出ることが一切ないので安全性の高さは確かです。うっかり消し忘れが発生した際にも、自動的に停止する温度センサーが標準で付いており、火災事故をオール電化なら防ぎやすい仕組みが整っています。

光熱費を安く済ませるならオール電化

戸建住宅でも普及が進んでいるオール電化は、賃貸物件で導入されていれば、グレードの高い物件と考えられます。賃貸物件を探す時に、家賃のみを考えがちですが、毎月支払う光熱費全体についても家計からの支出に変わりません。家賃と管理に加えて光熱費までトータルに考えた部屋選びをすると良いでしょう。最も高いと言われているプロパンガスは、古くから自由料金が適用されていますが、競争原理が働いておらず高値安定の状態が続いています。電気料金は公共性が高いので、自由化以降さらに価格競争が進んでおり、オール電化向けの電気料金は深夜電力を多く使うことから、元々極めて安く設定されています。

千歳は札幌からJRで30分の距離にあるうえ、羽田空港も近距離にあるため非常に交通の便に優れています。そのため出張や転勤の多い方に千歳の賃貸がおすすめです。