賃貸初期費用の仕組みを理解すれば節約可能!?大家と話してみよう

上乗せされている初期費用を見破ろう

賃貸物件を借りる時にかかる初期費用は、地域ごとの習慣により違いがあります。大家の高齢化や世代交代に伴い、昔ながらの優良物件は賃貸物件市場に出回りにくくなっていることを知っておくと良いでしょう。敷金と礼金を積んで、保証人を立てて借りる昔ながらの方法で賃貸借契約を結べる部屋には、優良物件が多いので空室が出ても地元の不動産屋内で次の借り手がすぐに見つかります。

保証会社利用必須としたり、鍵交換費用の強制や部屋の清掃費を入居者から受け取る不動産屋は、大家が知らない間に追加している条件というケースが出ています。インターネット上に公開されている流通物件の多くが保証会社利用必須となっている理由として、余計な費用を請求される不人気物件の特徴となってしまっているからです。

大家と直接契約すれば交渉しやすい

大家の立場から見た時には、不動産屋に対して家賃数カ月分にも渡る高額な広告料を成功報酬として掲示しなければ、店頭で案内すらしてもらえない大手不動産屋の存在があります。地元の付き合いが長い昔ながらの不動産屋では、インターネット非公開物件のみでも十分に利益が出せるので、広告料を多く積まなくても案内してもらえます。

大家の中には、自ら入居者を募集する人が出ているので、大家と入居希望者を直接結ぶサイトを経由して問い合わせれば、大家が内見案内をしてくれます。条件交渉をしたい場合には、直接大家と内見時に交渉すれば良いので、条件に多少合わない場合であっても内見に行って確認出来ます。仲介者が不在となる大家との直接契約ならば仲介手数料が不要となるので、初期費用の節約にもなるでしょう。

菊水の賃貸では、敷金や礼金が不要な物件も多く存在するため、初期費用をなるべく抑えたい人には最適です。