一人暮らしの部屋を探す前におさえておきたいポイント

収入に見合った家賃を把握する

一人暮らしをするときは、どうやって借りる部屋を決めていけばいいのでしょうか。

一人暮らしを始めるときにまず考えておきたいのは家賃のことです。これは、部屋の家賃が安いということではなくて、自分の収入ではどの程度の家賃負担がいいのかということです。部屋を借りるときの家賃は、1ヶ月の手取り収入のうち25%までが適当とされています。収入が多い場合はいいのですが、25%を超える家賃のところに住むといろいろと節約していかなくてはいけないことになります。家賃以外にも、毎月必ず出ていく食費、光熱費、通信費、衣服代、日用品などの雑費、保険料などがあります。遊びに使うお金と貯蓄に回すお金のことも考えて固定費は手取り収入の50%以内におさえておきたいものです。

家賃をもとに部屋を探す

自分の手取り収入から払える家賃が計算できたら、部屋を選んでいきましょう。部屋探しをするときに次に気になるのが立地ではないでしょうか。駅から近いと通勤・通学に便利ですし、遊びに出かけるにも交通手段に困りまりません。駅近くにはお店も多く、買い物がしやすいという点もいいところです。ですが、駅から近い物件は家賃が高いというのも少し残念なところです。5分、10分距離が離れるだけで家賃も安くなりますし静かな環境になります。家賃をおさえるために、距離で妥協するというのも定石です。これ以外にもオートロックがいい、ペットを飼いたい、風呂とトイレは別れている方が良いなどそれぞれに希望するところはあると思います。これらの条件をまとめて優先順位を付けておきましょう。自分の出せる家賃は決まっていますので、この条件をもとに部屋を探していきましょう。

新札幌の賃貸は、不動産情報を専門で扱うサイトに多数の物件が掲載されており、希望条件をもとにしながらスムーズに探せます。