住宅ローンが払えない!競売を避けるためにすべき行動とは

競売は大きなデメリットがある

住宅ローンが払えなくなると、ローン先の銀行や金融機関は不動産を差し押さえ、競売にかけて資金を回収しようとします。この競売というものは非常に厄介です。というのも競売は家の持ち主の意思が考慮されない状態で進みます。また相場よりもかなり安く買い叩かれてしまうことがほとんどで、落札されてしまうと引っ越し代も出ないまま強制退去させられてしまいます。競売の情報は公告されチラシが配られることもあるので、ご近所さんにも知られてしまいます。つまり競売になってしまうと、家を手放すだけでは済まず、多額のローン残高を抱え、更に精神的にも傷を負う、極めて辛い状況に追いやられてしまうのです。競売を回避するための手段の一つが任意売却です。融資を受けた金融機関や銀行と合意し、家の持ち主が自分で家を売りに出すことです。

任意売却のメリットデメリット

任意売却の一番のメリットは、市場価格に近い値段で家を売却できるという点です。そのため、ローン残高を大きく減らすことができます。また交渉次第では引っ越し代や当面の生活費を捻出することも可能になります。残ったローンについても、話し合いによって収入や生活状況に合わせた返済方法を実現することができます。近所にローン滞納を知られることもありません。ただし、任意売却にはデメリットも存在します。その一つがブラックリストに載ってしまうという点です。ただし競売になってもブラックリストには載ってしまうので、ローンを滞納した時点で避けられないことではあります。また任意売却には、保証人の同意が必要です。同意が得られない、保証人が行方不明といった場合は競売を選択するしかなくなります。

債務者が住宅ローンを滞納すると残りの債務を一括で返済しなければならなくなり、債権者の判断に基づいて任意売却が進められます。