少し高めでも築年数が浅めの物件の方が安心

安全面は家賃で決まる

一人暮らしとなるとあまり家にお金をかけたくない…という方も多いのではないでしょうか。確かに築年数の古い物件はある程度家賃が安いですが、その分セキュリティ設備が無かったりして、特に若い女性の一人暮らしの場合はあまりオススメできません。

やはり家賃が高ければ高いほどマンションのセキュリティ面においても優れていると言えます。築年数の浅いマンションであれば、オートロックや防犯カメラが設置されていることが多く、やはりこれらのセキュリティ設備は一人暮らしをするうえでは不審者対策として欠かせません。これでも少し不安という方には、24時間体制での監視が行われて何かあった時にすぐに駆け付けてもらえる物件や、管理人常駐の物件がオススメです。

立地もしっかり考えるべき

不審者対策を考えているのであれば路地に入った立地よりも大きな道路に面していたり、人通りの多い通りにあるマンションの方が安全です。やはりこの点においても前者と後者で大きくやちんが左右されてしまいますが、安全を取りたいのであれば後者のような立地の物件を選ぶのが無難と言えます。

特に電車通勤・通学をしている方の場合は、最寄り駅からのルートを考えてマンションを選ぶことも大切です。人通りの多い立地に面しているマンションでも、帰り道に細い路地を利用しなければいけない場合はあまり意味がありません。この点が心配な場合は駅から一直線や、大通りしか歩かないで帰ることの出来る物件を探しましょう。

登別の賃貸は、不動産会社で取り扱っている物件数が大変多いため、賃料や設備内容、周辺環境など、あらゆる点にこだわりながら物件探しができます。