賃貸住宅を探すときにチェックしたい家賃以外のポイント

つい家賃の安さばかりに目が行きますが…

賃貸住宅を探す際に重視しているポイントはどこでしょうか?多くの方が初期費用や家賃の安さを重視するでしょう。しかし部屋の広さを少し狭くしてでも考えておきたいポイントがあります。賃貸は簡単に引っ越しができますが、無駄なお金を支払わないためにも内覧の際にしっかりチェックしておきましょう。

部屋の湿気が溜まりにくいこと

どんな家に住むときでも、部屋に湿気が溜まりにくいことが最も重要なポイントです。内覧時は家具を置いていないので湿気の存在を知ることは難しいですが、部屋の臭いや湿度、冬場は窓際が結露していないかを見ておきましょう。極端なケースでは冬場の結露が床にまで及ぶことも考えられ、木製の家具にカビが生えるなどの状況に陥ります。特に築年数の古いマンションはそのような物件が残っています。気を付けましょう。

西向きはなるべく避けたい

湿気の存在ほど重要なものではありませんが、窓の向きについてもチェックしておきましょう。方位磁針を持ち込めば細かい角度までわかります。多くの方は北向きを避けますが、西向きについても多少デメリットがあります。真西に近いほど夕日がダイレクトに部屋に入ります。朝日に比べて気温が高くなりやすく、常温保存している食べ物や、冷蔵庫のドアポケットの飲料が傷みやすくなります。

光回線がそのまま使用できること

ブロードバンド物件では問題ありませんが、設備が古い物件の場合、光回線に対応していないことがあります。インターネットの使用に工事が発生し、無駄なお金をかけることになります。それ以上の魅力があれば良いですが、できれば対応しているところを選びたいものです。少し家賃が高くなっても、条件の良い住宅には愛着が沸き、生活の満足度は向上するでしょう。

琴似の賃貸を利用するうえで、各地のおすすめの物件の家賃の相場や入居のスケジュールなどをきめ細かくチェックする必要があります。